〜障害のある人もない人も共に生きる地域社会の実現〜

HOME

NPO法人 千葉県障害者就労事業振興センター

小中大

振興センター概要お仕事情報研修会・イベント経営支援施設の情報お問い合わせ

研修会・イベント


障がい者アート

■はーとふるメッセが贈る 『いのちの実り』

「はーとふるメッセ」のイメージキャラクター「ふるる」画像

自由。まっすぐ。無限の広がり。
障がいのある人の作品展

 

何にも似ていない。ただ創った人の心が、そこに“かたち”になっている。

出会った瞬間に、私たちがこれまでの人生で培ってきた、自分の価値観や美意識がすっかりひっくり返されてしまう。

障がいのある人の創作物は、そもそも他人からの評価を考えていない。常に「比較」され、「答え」を出すことが求められる社会の習わしから全く自由なのである。自分の思ったものを思うがままに創っている。だから、他の何かとの比較ではない魂がそこに在る。それは今まで想像もしなかった世界を引き連れてストレートに私たちの心に飛び込んで来る。

えもいわれぬ不思議さ、心の芯を熱くし全身がぽかぽかしてくる暖かさ、果て知れぬ広がりの前に思わずたじろぐ。

それを手にしたとき沸き上がった感動は、自分の今までの生き方について振り返らせないではおかない。

「効率」、「合理性」など今まで生きていくために必要だと信じてきた価値観からひとたび解き放され、個別性・多様性の世界は共感によるつながりの豊かさ、つまり共生社会の姿まで予感させる。障がいのある人の創ったものは、ほんのちっぽけなものに実は抱えきれないほどの大きな世界がこもっているんだ。

 


■ 2014/06/19〜07/02 【石陶房 作品展】

石陶房

◆会期:
2014年6月19日(木)〜7月2日(水)午前10時〜午後9時
(最終日午後4時閉場)
◆会場:
丸善津田沼店3階イベントスペース(習志野市谷津7-7-1)


■ 2014/05/01〜30 アートピクニック2014【つながるアート展〜那須〜】

いのちの実りin幕張メッセ画像

つながるアート展は、栃木県那須地域の企業や個人が協力し合い那須在住のハンディキャップのある作家たちが描いた作品を通して、芸術の素晴らしさを地域住民や観光客の方々に広めていくことを目的としています。
会期中は、ホテルや観光施設のいたるところに作品が飾られます。
今回は2013年11月に開催された5回目のアート展をそのままギャラリーcue9で再現いたしました。

◆日時:
2014年5月1日(木)〜30日(金)
10:30〜16:00
※休業日:10日(土)11日(日)17(土)18(日)
◆会場:
ギャラリーcue9(社会福祉法人九十九会まあるい広場)
千葉市若葉区東寺山町663-8
TEL:043-287-1022


■ 2014/03/08【いのちの実りin幕張メッセ】

いのちの実りin幕張メッセ画像

◇◇働く障害者の創作物◇◇
自由。まっすぐ。無限の広がり。

何にも似ていない。ただ創った人の心が、そこに"かたち"になっている。
出会った瞬間に、私たちがこれまでの人生で培ってきた、自分の価値観や美意識がすっかりひっくり返されてしまう。
障がいのある人の創作物は、そもそも他人からの評価を考えていない。常に「比較」され、「答え」を出すことが求められる社会の習わしから全く自由なのである。自分の思ったものを思うがままに創っている。だから、他の何かとの比較ではない魂がそこに在る。それは今まで想像もしなかった世界を引き連れてストレートに私たちの心に飛び込んで来る。
えもいわれぬ不思議さ、心の芯を熱くし全身がぽかぽかしてくる暖かさ、果て知れぬ広がりの前に思わずたじろぐ。
それを手にしたとき沸き上がった感動は、自分の今までの生き方について振り返らせないではおかない。
「効率」、「合理性」など今まで生きていくために必要だと信じてきた価値観からひとたび解き放され、個別性・多様性の世界は共感によるつながりの豊かさ、つまり共生社会の姿まで予感させる。障がいのある人の創ったものは、ほんのちっぽけなものに実は抱えきれないほどの大きな世界がこもっているんだ。

◆日時:
2014年3月8日(土)
11:00〜16:00
◆会場:
幕張メッセ国際会議場コンベンションホール
『第5回はーとふるメッセ実りの集い』内 特設ブースにて
◆内容:
障害者アートの展示・販売
◆出展事業所:
いんば学舎・オソロク倶楽部(印西市)
生活工房(成田市)
石陶房(船橋市)
袖ヶ浦ひかりの学園(袖ヶ浦市)
まあるい広場(千葉市)


▲ページトップへ

過去の情報はこちら
 

 

Copyright (c) 2009 千葉県障害者就労事業振興センター all rights reserved.