〜障害のある人もない人も共に生きる地域社会の実現〜

HOME

NPO法人 千葉県障害者就労事業振興センター

小中大

振興センター概要お仕事情報研修会・イベント経営支援施設の情報お問い合わせ

経営力強化相談


工賃向上ワークショップ

■ ワークショップ型研修とは、学びあいで力をつける場です

一口に「工賃向上」と言っても、その手段や方法論に一つだけの「正解」があるわけ ではありません。100施設あれば、100通りのやり方があるのでしょう。しかも、劇的に変化を遂げる経済環境下、制度も大きく変化しつつある時代、何が「正解」かはますますわかりにくくなっています。そのような環境変化に適確に対応していくには、いろいろな個別の課題を抱えた多様な人々が、主体的に集まり協働して、自分たち自身で答えを見出していくことが求められます。

そこで、振興センターは、参加者自身による自発的な問題解決の場=工賃向上を探る道としてワークショップ型研修を提案し、実施しています。ワークショップとは、講義など一方的な知識伝達のスタイルではなく、参加者が自ら参加・体験し、グループの相互作用の中で何かを学びあったり創り出したりする、双方向的な学びと創造のスタイルのことです。2008年度、初めての試みの中から、既にいくつかの成果が出つつあります。この一つの到達点を橋頭堡にして、2009年度以降も、さらに広範に、さらに深く展開していく予定です。

◆『障害者就労施設の工賃向上に向けた活動』:株式会社三菱総合研究所刊【自治体チャンネル117号】

振興センターが推進している「工賃向上ワークショップ」、その中心となるテーマである「授産品の売り上げを伸ばすことは、単にたくさん作ってたくさん売るということでなく、利用者の社会参加を軸としたビジネスの展開を意味し、その実現には、職員の思いを引き出し、つないでいくこと」についての風間英美子氏によるレポート『障害者就労施設の工賃向上に向けた活動−ワークショップへの取組事例−』が、株式会社三菱総合研究所刊【自治体チャンネル117号】に掲載されました。工賃向上ワークショップについて分かり易く解説されています。是非、ご一読ください。

*「自治体チャンネル」は株式会社三菱総合研究所により1998年6月、自治体や政府・中央官庁のお客様に対する長年のコンサルティング経験を活かし、創刊されました。電子政府、地方分権、行財政改革、NPO、PFI、中心市街地、観光、情報化、環境、医療、福祉、防災など、地方行政にとって今、最も気になるテーマをわかりやすく解説します。


■ 2014 年度工賃向上ワークショップ成果報告会(事例発表会)

工賃向上ワークショップ成果報告会(事例発表会)

 

今年度の「工賃向上ワークショップ」「パワーアップ研修」は管理者・サービス管理責任者を対象に10ヶ月にわたり行ってきました。

一方、秋からスタートした「県内B型事業所職員向け研修会」では「どうしたら工賃があがるの?」「他の事業所はどうしているの?」という声が各会場からのアンケートで届いています。

『工賃向上ワークショップ』に参加している事業所のみなさまの成果報告会(事例発表)に参加して、どのような取組が行われているのか、また各々が抱えている課題を共有してみませんか?

来年度の事業計画作成の参考にぜひお役立てください。みなさんの参加お待ち申し上げます。

◆開催日:
平成27年2月24日(火)10:00〜16:00

◆場所:
美浜区保健福祉センター4階大会議室
(大会議室を2部屋に仕切り、A・Bグループ同時進行)

◆講師:
風間英美子氏(有限会社キュベル代表)
米田和晋氏(キュベル パートナーコンサルタント)

◆内容:
@2014年度ワークショップ参加事業所発表
(A・Bのグループに分かれ、発表)
A発表ごとに参加者はコメントを記入
B講師より講評

 

◆発表団体(各施設30分)


A B
10:30〜12:00 【工賃向上ワークショップ】
  • ・花まんま(稲毛区)
  • ・キッチンせいしょう(長生郡一宮町)
  • ・ワーク・ライフまつさと(松戸市)
【工賃向上ワークショップ】
  • ・はっぴぃマウス(長生郡長柄町)
  • ・柏市立朋生園(柏市)
13:00〜14:30 【工賃向上ワークショップ】
  • ・市川市南八幡ワークス(市川市)
  • ・ぶろっさむ(習志野市)
  • ・ビーいちかわ(市川市)
【パワーアップ研修】
  • ・明日の種(花見川区)
  • ・カレンズ(茂原市)
  • ・松里福祉作業所(松戸市)

 

◆参加費:
無料

◆申込方法:
振興センターまで FAX またはメールにて


■ 工賃向上ワークショップと工賃パワーアップ研修の説明(2014年度版)

工賃向上ワークショップ/工賃パワーアップ図説

●工賃向上ワークショップとは

  • 参加者定員は10名程度。参加者を3チームに分け(*図「#1WS〜3WS」)、5月〜12月のあいだはチーム内での研修が3回および講師による施設訪問を2回行います。
  • 1回目の施設訪問は施設内研修を行いますので、参加者以外の職員の参加が可能です。2回目の施設訪問はヒアリング中心に行います。
  • 「HIP」とは都内にある社会人を対象としたビジネススクールに通っている方が作ったクラブ活動「ハンディをある人を対象とするビジネス研究会」の略。一般企業等で働いている方たちとの意見交換会です。
  • 実践を通して必要なビジネススキルや考え方を学びたいという事業所が対象ですが、既習事業所で他の管理者・サービス管理責任者を参加させたい(人材育成が目的)事業所にもおすすめです。

●工賃パワーアップ研修とは

  • 参加者は7名程度。「#1WS〜3WS」は参加施設の進捗状況の共有と意見交換を行います。
  • アドバイザーによる活動実施支援は施設訪問も含まれます。訪問回数・日程はアドバイザーと施設で調整いたします。
  • 「HIP」とは都内にある社会人を対象としたビジネススクールに通っている方が作ったクラブ活動「ハンディをある人を対象とするビジネス研究会」の略。一般企業等で働いている方たちとの意見交換会です。
  • ワークショップ既習事業所が対象ですが、それ以外の事業所でも『工賃を絶対上げる!』『事業を伸ばす!』という事業所も歓迎です。


■ 工賃パワーアップ研修参加事業所募集!

アドバイザー派遣&ワークショップ 工賃パワーアップ研修(工賃向上ワークショップ参加事業所で就労継続支援B型事業所対象)《2014年4月〜2015年3月》

工賃パワーアップ研修とは?
◆工賃向上ワークショップ修了後、「あと一年参加したい!」「売上UPの計画修正がしたい!」「実施指導をして欲しい!」の声が続々と上がっています。そこで、工賃向上ワークショップを修了した事業所の方を対象とした工賃パワーアップ研修を企画しました。
◆各事業所の個別課題を派遣アドバイザーが一緒になって考え、解決策の実施を年間通して支援します。参加事業所が交流するワークショップも併設し、パワーアップに磨きをかける研修です。

こんな事業所にオススメです!
●ワークショップで基本的な考え方はわかった。具体的な実践に落とし込みたい!
●ワークショップでの目標到達があと一歩だった。絶対に達成したい!
●道筋は何となく見えている。絞り込んだり、突き進んだりする実践をOJTで学びたい!
●事業の可能性をどんどん追求したい!なんとしても成果を上げたい!

・工賃パワーアップ研修の間は計画に基づいた実践を行います。実践の中で質問、疑問がでてきましたら、振興センターもしくは担当相談員で相談を承ります。
・研修には全行程必ず参加下さいますようお願い申し上げます。参加者が参加できない場合は、代理の方の出席をお願いいたします。
・研修中はメールにて未定の日程、会場などの連絡をいたします。また、レポート提出などもメールでの提出となります。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
・研修期間中にHIP(ハンディのある人を対象とするビジネス研究会)主催のワークショップで社会貢献に関心のあるビジネスパーソンとの意見交換を行います。参加の皆さんと一緒に新しいアイディアをどんどん創出してください。
・活動内容をプレスリリース、取材誘致、SNSを利用した情報発信を行う予定です。あらかじめご了承下さい。
・応募団体が多数の場合、業種業態に鑑み振興センターにて選考いたしますので、ご了承下さい。

◆対象:
千葉県内で「工賃向上ワークショップ」に参加したことのある就労継続支援B型事業所の施設長もしくはサービス管理責任者
◆定員:
7事業所
◆参加費:
会員20,000円、非会員30,000円(全9回・含出張研修、テキスト代)
(途中で研修不参加となった際の返金はいたしかねます。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。)
◆主催:
特定非営利活動法人 千葉県障害者就労事業振興センター
◆講師:
風間 英美子氏(有限会社 キュベル代表)
◆申込方法:
申込書記入の上、4/4 (金)までにFAXまたはメールにて


■ 2014年度(第7期)工賃向上ワークショップ参加事業所募集!

〜就労継続支援事業B型事業所の施設長等管理者対象〜

2014年度(第7期)工賃向上ワークショップ参加者募集!(就労継続支援事業B型事業所の施設長等管理者対象)

◆2014年度のワークショップの対象は経営者である『施設長』もしくは『管理者・サービス管理責任者』です
◆工賃を上げたいけどどうしたらいいのかわからない、現場職員とのコミュニケーションは他のみなさんはどうしてる?・・・などなどお悩みの「経営者」の方は今すぐ申込を!

内容@:
作成提出済みの工賃向上計画の見直し&修正支援!
内容A:
事業所の経営環境と照らし合わせて、優先事業の選定支援!
内容B:
『事業所訪問』→講師が事業所を訪問して現場職員を含めた『事業所内研修』
内容C:
円滑なコミュニケーションをとるための研修等、経営者養成科目を含むプログラム
内容D:
工賃を上げるために押さえておかなければならない就労支援会計について学ぶ!
  • ワークショップ期間中は振興センターHP「掲示板」より質問など随時受付!
  • ワークショップの間は計画に基づいた実践を行います。実践の中で質問、疑問がでてきましたら、振興セン ターで相談を承ります。
  • ワークショップには全行程必ず参加下さいますようお願い申し上げます。参加者が参加できない場合は、代理の方の出席をお願いいたします。
  • ワークショップ期間中はメールにて未定の日程、会場などの連絡をいたします。また、レポート提出などもメ ールでの提出となります。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • ワークショップ期間中にHIP(ハンディのある人を対象とするビジネス研究会)主催のワークショップで社会貢献に関心のあるビジネスパーソンとの意見交換を行います。参加の皆さんと一緒に新しいアイディアをどんどん創出してください。
  • 講師とともに事業所に一回訪問いたします。訪問の際はワークショップ参加者以外の職員の方たちも研修に参加していただくことも可能です。
  • グループ分けは振興センターがコーディネートいたします。
  • 活動内容をプレスリリース、取材誘致を行う予定です。あらかじめご了承下さい。
  • 応募団体が多数の場合、業種業態に鑑み振興センターにて選考いたしますので、ご了承下さい。

◆第6期(2013年度)工賃向上ワークショップ参加者の声

  • 対象事業はもちろん、事業所の体制や管理者としての役割・対応なども学ぶことができました。
  • 何からどう手を付けていいのかわからない状況から、より具体的に事業所にあった助言をいただけることがとても良かった。
  • 具体的な数字と具体的な行動がわかりました。グロービス大学院での意見交換がとても役に立ちました。
  • 工賃向上の目的、自分達の事業所は何のためにあのかを知ること、数字で考えることの大切さを勉強できました。
  • 期待というか想像していた以上の内容であったのでいろいろな面で意識が変わってきていると思います。
◆対象:
千葉県内の就労継続支援B型事業所の施設長もしくはサービス管理責任者
*自主製品、受注作業、店舗運営など、どのような活動でも参加できます。
◆定員:
10事業所
◆参加費:
会員20,000円、非会員30,000円(全10回・含出張研修、テキスト代)
(途中で研修不参加となった際の返金はいたしかねます。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。)
◆主催:
特定非営利活動法人 千葉県障害者就労事業振興センター
◆講師:
風間 英美子氏(有限会社 キュベル代表)
◆申込方法:
申込書記入の上、4/4 (金)までにFAXまたはメールにて


▲ページトップへ

過去の情報はこちら
 

 

Copyright (c) 2009 千葉県障害者就労事業振興センター all rights reserved.